FC2ブログ

あと1週間で!

1 2 7 \(^O^)/ヤフー☆彡

来年はアルバムやツアーや…等、
翔やん雑誌で次のアクションの指針は示してらっしゃいましたが
来週、何か発表あるかしら?

戸塚会報も多分今月末~来月上旬に届くだろうから、
何かしらの吉報があると勝手に信じて疑わないんですけど。

とにかく震えて待ての127!

…ぁ、カレンダーももうしばらくで届くかな♪

スポンサーサイト



読誌の秋、読誌感想文 Ⅱ

ファッション誌2冊に音楽誌1冊、今月新たに購入。

200911books.jpg

そりゃもちろん氣志團が掲載されているから
というだけの理由ですが、何か?

女性ファッション誌に載るそのコンセプトが
『SEE BY CHLOE×氣志團』って。
何だか違和感ありありのコラボレーションなんですが。
( ;・ω・) POTERより無理がないかい??

実はクロエの香水欲しいんですけど、小さい瓶でもお値段約1万円。
いくら欲しくても香水1つにさすがに諭吉さんは引き渡せねー orz
てかクロエの鞄もそもそも高い…易々と買えるもんじゃない orz orz

で、雑誌の話題に戻りまして。
「GLAMOROUS」はこの度初めて購読してみたんですが…

大人の女性向けというか、富裕層向けというか、
掲載されてるほとんどのモノ(服、小物etc)の単価が
手が届く範囲のものではないので微妙…。

ターゲット世代(アラサー)には該当してるんでしょうが
プレワーキングプア層には縁遠い雑誌ですね。
ケッ。゚.(`Д´*)んな金ねーっつの!

競演してるモデルさんはTAKUROさんの嫁だから
普通に面識あるんだろうなーと思いながら拝見。

つあパンみたいに衣装やポーズに凝ってるのはいいんですが
結局主役はモデル。氣志團その周辺を取り囲む画。

・・・。lll(-ω-;)lll
まあ音楽誌ではいただけないオイシイ画だと思う事に。


「SWEET」はたまーに気が向いた時、購読してみたりしてたので
これに氣志團が掲載されるのはちょっと嬉しかったり♪

が、やっぱり主役はモデル。氣志團その周辺を以下略。
…ですが、4ページだけど團ちゃんのお色直しがあるので
個人的にはこっちのが断然にオススメ&好み☆☆☆
ストライプつなぎのカジュアル衣装がカワユス~♪

付録もKitsonのポーチと手鏡付きだし同じ690円でも
断然SWEETの方がお得感ありなんじゃないかと。(´∀`)b
冊子の厚さもちょっとした凶器になりそうな重量感ww

そーいえば翔やんは CHLOE < Kitson 派なのでは?
山口さんブログに手荷物に青いKitsonバッグ持ってたのを見て
ちょwwっと吹きましたもの。(*´艸`)プッ

「MUSICA」はあまりHPでも掲載してます主張はなかったけど
翔やんのインタビューがきっちり載っていたので即買い。

写真3ページ、インタビュー3ページの掲載でした。
写真自体は正面バッチリカラーという感じではないものの、
インタビュー記事が結構な濃度の内容になってたかと思います。

ただ、個人的にOZMAファンの方には…
あまりオススメできない記事がちらほらと。
気持ちは完全氣志團派だけど、ちょっと複雑な気分になりました。

来年にかなり期待して良さそうな雰囲気だったので
もう読みながら顔がニヤけて止まりませんでしたよ!!
うきゃー!ヽ(゜∀゜≡゜∀゜)ノアルバムだー!ツアだー!


また記事さえでれば雑誌を買い集める日はしばらく続きそう。

氣志團現象2009 ~炎の転校生in早稲田~

一週間以上経ってしまいましたが、早稲田GIGの詳細!

過去経験した中でも1、2を争うくらいもみくちゃになった
ハードな状況下でセットリストを覚えるのだけで精一杯 orz
グダグダなレポかと思われますので、先にゴメンナサイ。

会場の体育館はちょっとしたホール並みの広さ。
ステージがライトや音響のやぐら?が組んであったせいか
会場の広さに反して、ステージは狭く感じられたような。

手持ち一般チケは整理番号・番数も割と良い方だったのに
学生チケ保持者を先に(大量に)入場させていたので
想像していたよりも立ち位置がかなり後方←(怒)

開始前にはステージの左右にあるモニター大画面に
氣志團の映像やら学祭のCMやらが流されていました。

『ガッツ入れ』がステージ袖から聞こえて来るのを
期待してみたけど…聞こえてこなかった(・ε・)チェッ

開演時間5分過ぎ、会場が暗転、歓声が起こる。
ステージ右袖より、ランマちゃんから登場。

その瞬間にありえない人波&人流が起きて
一緒の参戦した相方ちゃんと、あっという間に離れ離れ。
ウアアアっ´Д`゜)。っ≡ ⊂(.゜´ロ`⊂ アアアン

運良く流れで前に出たけど氣志團が人垣で見えないー!!
BE MY BABY で手拍子したいのに身動けない~!!

♪房スカ~♪勇気~♪ゴッスピ~♪キラキラの
前半の大好物4曲も圧と流れに抵抗して身体と意識を
保つのに必死で全く堪能できず。゜(゜*´Д⊂アウゥゥ

ゴッスピの語り部分は黒拡声器を使用していたのと
ヒカドラを見たのは覚えてるんですがもう後は…。

最初のMCが始まるとようやく圧と流れも治まり、
落ち着いて鑑賞モード。鉄板コール&レスポンス開始。

『オーライ!!』 
客 「オーライ!」 
『オムラァーイ!!』 
客 「オムラァーイ!」  
『オムロォーン!!』←脇に挿すジェスチャー付
客 「オムロォーン!」 
『大村昆!!』←グラサン下げて顔真似付
客 「…大村昆!(笑)」 
『…ぇー、やるんじゃなかったと後悔しております(笑)』

『初めまして、早稲田に転校してきました!氣志團です!』等のご挨拶。
『憧れのキャンパスライフだぜ!』と息巻いておられましたww

客席から 「翔やーん!翔やーん!!」と呼ばれると
きちんと『んー?』と応えてらっしゃいました。←キャワユイ

ただ「頑張れ!」「頑張ってー!」という声援はお気に召さないようで
『頑張れって言うな!もう既に頑張ってるから!!』とww
この返し個人的にツッコミたいんですが…マダオ知ってる??

『ほんとはおまえらとやりたい!』と色サービスもいれつつ、
『しゃべるの得意じゃないし、歌うのはもっと得意じゃない』と自虐ネタも入れつつ。
『時間制限あるから!』と大人の事情wwも説明しつつ。


♪おまえだったんだは『新曲やります、聞いてくれ』と入ってきて
あの切なげな前奏が来たので…鳥肌スタンダップ!!

TVでは何度も聞いたけど、生で初聴きするともーたまらん!!
振りとか派手なアクションはないけどそれもまたいい感じで!

大サビ?の♪今 夜明けを~の所はそれこそ初聴だったので
ドキドキしながら聞いてましたが、後の♪光~の所でヒカタンが
バビョンと跳躍
したのに驚きと感激!助走なしで結構な高さww

あと♪確かに~のところを『抱きたい』と勝手に空耳していて
先日歌詞カードを見て間違いに気付いた次第。
どんだけ欲求不満なんでしょう、この女…


♪黒太は前奏をちょっとしくった様で、異音キャッチ。
…多分、あれはトミー?だったんじゃないかと。
まあ聴かなかった事にしてww歌と2トップの振りに集中。


♪恋人は振りが旧バージョンに戻っていて何か安心。
も~かわいいんだよ~、この曲の赤い人と青い人!!
曲途中で翔やんがマイクトラブル?で若干はけたりもあり。
で、接吻シーンですが微妙な距離感があって…しないのか?
みたいな空気になりかけてましたが、やっぱりチュッとww

多分・絶対SADAMEさ!がWASEDAさ!のアレンジ。
昇龍拳は3回でございました。


そしてまたMCへ。
客席からのしつこい「頑張って!」コールに翔やん『あ゙ぁ゙!?』と威圧。
ほどなく『…なんてね☆』とおどけてポーズ。←萌ww

『俺は「頑張れ」と「大丈夫」って言葉が一番嫌いなんだよ!
彼氏いる?
「大丈夫!」ご飯食べ行かない?「大丈夫!」とか!』
團長、一体どんな女子にそんな仕打ちをww

それでもまだ「頑張れー!」とか「大丈夫!」と言い続ける女子客に
『バーカ!ブスッ!!』と言い放つ翔やん。←小学生かww
すかさずフォローに『ブスでも俺の言うこと聞く奴は可愛いって言ってやる!』
うーん、これもいわゆるツンデレでしょうかww

2コ上ネタも健在で、『俺はお前らの2コ上、お前らは俺の2コ下で後輩だから!
殴る・蹴るもする(笑)でも言うこと聞いてれば時々は奢ってやるから!』

ツンデレというか横暴というかwww

で、メンバー紹介をするのかと思いきや…
『別にしなくてもいいよな?どーせ誰もわかんねーし』と丸投げ。
ぇぇぇハゲとかセンベイとかのイジリがあると思ってたのにぃ~(´・ω・)
『続きはWebで!!』とか、もう投げるにも程が!←でも一番ウケタww

で、で、『ほとんどのメンバーが中卒ですがそんな中唯一の大卒者
ここが母校のトミーに校歌を歌ってもらいましょう』
とトミーへ。
?(・д・)マジで!?というどよめきが起こる中
トミー 『この学校を卒業して十○年…』(3と聞こえた氣ガス)
『年がバレる!!!』と物凄い勢いでツッコミが入りましたがww

トミー 『分かる人は一緒に歌って下さい。』と腕を振りながら
早稲田校歌熱唱。他のメンバーも一緒に腕振りを。

近くにいた子が、早稲田在中のキッシーズだったみたいで…
そりゃー自分の好きなアーティストと同母校って幸せだろうなぁと
ほんわかしてしまいました +。:.゜(´∀`)゜:.。+

校歌が終わると『こんな歌唱力でもやってけるんで(笑)』
だからお前らの未来はもっと明るい!とイジリと励ましがありつつ。

『友達の歌を…』と結局メンバー紹介はトミーだけに終わり曲へ。

♪友よ~を今までのMCとは打って変わってしっとりと。
♪ワンナイはさすがみんな知っていて一番客席も盛り上がっていました。
間の『恋してる』『早稲田に』で、とにかく徹底しているなと感心。
♪鉄ハもワンナイからいい流れで繋がれていたし、
♪愛羅武勇もまた鉄ハからいい繋ぎで盛り上がれたんじゃないかと。

♪MAY WAYが流れてきた時終わり!?と条件反射で思っていまうものの
やっぱり名曲!いいテンションで締めの一曲になったと思います。
前奏の翔×星の2ショットがすごーくツボでした。弾くランマちゃん揺れる翔やん
今回はヒカタンバリンが黒色!モンバスの時は青色だったのになー。


曲が終わり翔やんがヒカタンに乗り上げ中央で神×アクション!
最後に縦ダブルピース。

さーっと入場してきた同じ側の方へ氣志團ちゃんはける。
こっち側にユッキがめっちゃ手振ってくれた~!
そーいや翔やん投げキッス率が高かった~!
で、ヒカタンがエアハート?をふーっと飛ばして最後に帰る。
イカナイ ヽ(´Д`*≡*´Д`)丿デエェェェ


炎の転校生、あっという間の登校下校の巻きでした。

それにしても手袋とか水とかの奪い合いが怖すぎる!てか危険だから!!
もみくちゃになるは、相方さんと離れ離れになるはってちょっと辛すぎる…orz
次回GIGツアーは、ホールで希望!←スタンド懲り懲り

おつかれさまでした~m( _ _ )m

早稲田速報

◇氣志團現象2009 ~炎の転校生in早稲田

 11月7日(土)@早稲田大学戸山キャンパス記念会堂
 
◆セットリスト
 
~BE MY BABY~
・房総スカイラインファントム
・勇気
・ゴッド・スピード・ユー!
・キラキラ
《MC》
・おまえだったんだ
・黒い太陽
・恋人
《MC》
・友よ
・One Night Carnival
・鉄のハート
・愛 羅 武 勇
・MAY WAY


公演時間:1時間20分強

衣装:黒単色学ラン

MC時間は割とあり


詳細はまた後日(_´Д`)ノ~~
あぁでもMC詳細あげられる自信がない…orz

俺 実は嫌いだった オマエが

一日映画1000円DAYだったので、
話題のこの映画、鑑賞してきました~!!

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

ぶっちゃけ、この人あんまり好きじゃなかった。
むしろ嫌いな部類というか…。

すごい才能の持ち主っていうのは分かってたんですが
マスコミに露見されるスキャンダル的な部分にどうしても
嫌悪感を覚えずにはいられない気持ちがあって。

だから彼が亡くなった時も、驚きはしたもののショックはなかった。
同時期くらいの訃報の忌野さんの方がよっぽどショックだったし。
あと最近では、円楽師匠の訃報…ショックでした。
(T_T)ご冥福お祈りいたします。

で、話戻して今回の鑑賞は
期間限定の貴重な映画だから観ておきたいという母と
もう二度と見られない、KING OF POPの幻ライブ映像を
たった1000円で観られるなら…と一緒に観に行った訳ですが。
(映画代は母のおごりww)

あと夏の氣志團GIGツアーで青い人がちょいちょいMC時に
MJの物真似を披露してたあの画が忘れられなかったので、
本人ときちんと見比べてやろうwという背景もありつつ。


見終わっての感想は月並みですが、マイケルは本当に天才だったんだな、と。
50歳という年齢にも関わらずあの歌えて踊れて…
の、動きはぶりは常人にはまず真似出来ない事だと。
鎮痛剤依存気味で体調不良だったなんてとても信じられなかった。

フィルム映像なのに、彼のオーラや圧倒的な存在感が伝わってきて…。

マイケルの映像もさることながら、彼を取り巻く※関係者やスタッフが
一丸となって、公演を作り上げていく様子がまた…!!
プロの仕事って、すごい!と感動せずにはいられなかった!!
(※ダンサー、コーラス、バンド、セット、美術、音響、映像、衣装etc)
どんなに華やかな舞台も、裏での大変な積み重ねなしでは成り立たない訳で。

そんなプロフェッショナル達が尊敬し愛して止まない
マイケルの存在って…本当に偉大だったんだと。

今さらながら、マイケルが亡くなって実現しなかったあの公演…
もったいなさ過ぎる!
そして亡くなったという事実に遅すぎるショック。

映画なのに観客としてライブ参戦しているかの様な、
スタッフの一人にでもなって一緒に公演を造っていってる様な
そんな不思議な感覚にもなりました。
何度も上映中に普通に拍手しそうになりましたもん。

公開期間が更に2週間延びたようなので、
これを機にまた観に行きたいと思えるそんな映画でした。
延長ウェルカム!これで慌てず騒がずまた観に行けそうだ♪

読誌の秋、読誌感想文

さあさあ、11月です!
炎の転校生GIGに、新シングル発売月ですよー!!
ワイワイヽ(*´∀`*)ノワワ━ィ!!!!

10月は音楽雑誌に氣志團記事がぼちぼち載っていて
嬉しいこと この上ない今日この頃。

ただR.O.J以外、ちょっと物足りない感が…
G.G.Gに至っては思っていたよりさらに記事が少なくて驚き。
せっかく翔×富×星の珍しい組み合わせのインタビューなのに~

ongakuzasshi0910.jpg

翔やんが、再始動までの経緯を語ってる部分で
Σ(゜Д゜;) ちょ!…とツッコミ入れたくなる箇所がちょいちょい。

『3年前に一度、全部を失ったんです。氣志團も(略)』
略した友達、スタッフ、彼女、の部分はおいといて。
↑奥のプライベートなとこまではさすがに知りゃーしませんから

氣志團を置いてきぼりにしたのは他の誰でもない翔やんじゃん?
と、思わずには。

OZMA活動始めた結果、氣志團が放置になったんじゃない!と。
よくよく記事を読むと、その辺りの因果関係は壊間みえた気はするけれども。

OZMA期間の経過は現在の氣志團に繋がってるのも分かるけど、
何だか後付けっぽくてあんまりいい気分がしない…。

これが氣志團に還元されるなら、とOZMAを追ってた身だけど
(あとは設定が違っても「彼」に会うにはどうしても追って見届けるしか…)
じゃああの期間は何だったの?とも思えてくる訳で。

OZMAの全てが、氣志團の為にしてた活動だとは思わないし思いたくない。
還元云々とか望んでいたのに、仮にそうだとすると何かイヤだ。
だけどあの活動をが終了してくれなきゃ氣志團が帰って来られなかった訳で…

あああ、何かこう、言いたいことうまく事表現できないー!!

とりあえず、俺以外の男と姫扱いとお母さんのくだりはツボでした。


intvew.jpg

どんだけ自信の塊なんですかww


nights.jpg

姫モデルにナオミ嬢引用


okan.jpg

ぉ、おかんwww


残りの掲載誌SWEETと、まだ発表のないもう1誌に期待をば。
(SWEETに氣志團が掲載される図ってのも違和感がww)

PS.ローカル雑誌に氣志團のシングル紹介が掲載されていたのにちょっとニヤけたww

tryankiji.jpg

コメントに、ちょっとイラついたのは私だけ??

プロフィール

イモっこ

Author:イモっこ
ブログ絶賛放置中ですが
生きてる!なう!

某呟きの世界の方に
完全に移行しております…

カレンダー(月別)
10 ≪│2009/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近のコメント
最近の記事
FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ