FC2ブログ

薩摩旅路(こんな名前の焼酎とかありそうな気が)

月刊レポは完了したので、
かなり遅ればせながら薩摩旅路のレポをば。
(日付がアップ日ともリンクしていないのも勘弁orz)

今回の鹿児島遠征、星グラGIG参戦はもちろんだけど
九州南端まで行く機会なんてそうそうないし観光しなきゃ損でしょ!?
(なんか仙台でもそんなこと書いた気がs)
てな訳でGIG前日に前入りし、指宿周辺エリアの観光へ。

博多まで新幹線で移動、
博多~鹿児島中央まで夜行バス、
鹿児島中央~指宿まで普通列車で移動。

観光と温泉三昧の薩摩旅路一日目。

日本本土最南線の枕崎線車窓から錦江湾を眺めつつ
( ゚∀゚)♪薩摩白波の産湯に~←ルシアン疾患
1時間ちょっとで指宿駅着。
DSC01888.jpg

DSC01889.jpg
指宿は駅横に足湯が設けられている!さっすが日本有数の温泉地!!
ホテルに荷物を預け、バスに乗って薩摩半島最南端の長崎鼻へ。

 竜宮神社
   ↓
 長崎鼻灯台
   ↓
 長崎鼻パーキングガーデン
 (自然動植物園)
   ↓
 フラワーパークかごしま
 (植物園)
   ↓
 山川砂むし温泉
   ↓
 ヘルシーランド露天風呂

桜島(活火山)=鹿児島を代表する山という
貧困なイメージしか持ち合わせていなかったのですが、
今回の旅のおかげで鹿児島南部に別名:薩摩富士と謳われる
「開聞岳」がある事を知りました。

長崎鼻に向かう方角に近づいて行くにつれ
雄大な開聞岳が視界の前に広がってくる光景に感動。
*:.。スッゲ-(・∀・)ゼッケ-.:*・゜
DSC01789.jpg

長崎鼻で降車し、灯台に向かう途中にあったあの浦島太郎伝説の
竜宮城の乙姫様を祀っているという竜宮神社に参拝。
こちらの神社縁結びの神様らしいですが、果たしてそのご利益の程は…!?
(-_-)┘ソノ後、自分自身ガ証明ニナルカト

DSC01799.jpg
@長崎鼻灯台

DSC01791.jpg
からの大隈半島

DSC01792.jpg
からの東シナ海

DSC01793.jpg
からの開聞岳・錦江湾

DSC01786.jpg
@竜宮神社

一面に広がる東シナ海と開聞岳との素敵景色を長崎鼻灯台周辺から堪能し、
“長崎鼻パーキングガーデン”(灯台から徒歩5分程度)へ。
言うなれば動物園と植物園の一体型という雰囲気のテーマパーク。
犬やら大型インコやら絶滅危惧種動物やら色々いました。
動物ショー(インコ・ネズミ他)もあり、ファミリー向けなポイント。
DSC01800.jpg
めちゃ愛想悪インコ

DSC01806.jpg
めちゃ突進してくる亀

DSC01810.jpg
なんかムカつく…イチャつきすぎじゃね?

DSC01813.jpg
ンルン♪アヒルンルン♪ぼくたーちはー

DSC01822.jpg
ロ、ロシナンテ?!

DSC01828.jpg
日向ぼっこ中の絶滅危惧種動物

DSC01827.jpg
@長崎鼻パーキングガーデン からの長崎鼻

DSC01821.jpg
@略 からの開聞岳

DSC01826.jpg
ジャングルパーク!?
NO!@長崎鼻パーキングガーデン
 
長崎鼻を後にして指宿方面に戻る途中にある
“フラワーパークかごしま”へ。
ジャングルパーク!?(゜Д゜≡;´Д`)ナ訳ナイ…←ルシアン疾患

36ha以上の敷地に2400種40万本の花と樹木があり
歩いて回ると1時間以上はかかる…。でもほぼ歩いた!
DSC01834.jpg
きのこといえば…金髪モジャ男さんでしょうか。


DSC01836.jpg
ハロウィン時期だったのでジャック柄の花畑

DSC01841.jpg

DSC01842.jpg

DSC01860.jpg

DSC01859.jpg
造花に蜜を塗って集めている件。

DSC01837.jpg
さつま美人…枯れとる…

翌日の階段が辛かったのはきっとここでの歩きが主な原因かとw
南側の開聞岳はもちろん、東側の錦江湾や島々の眺望も堪能できる。
ファミリーもいたけど、おしゃれなカフェもあるのでカップルにもオススメなポイント。

偉そうにオススメしながら、どこもかしこも一人で回りましたが…何か?

テーマパークは堪能した!締めは温泉へ行こう!!
で、“山川砂むし温泉”と“ヘルシーランド露天風呂”へ。

砂むし温泉と露天風呂の位置は互いに近く。
ヘルシーランド前という停留所すぐの所にある施設は同じ名前でも
露天風呂の施設ではないので、車がなければ徒歩で行くしかない。

目的地へ向かって歩いてたら通りかかったヘルシーランド職員の方が
車で拾って連れて行ってくれた~♪(人´∀)ありがちょ☆
こういう人情に触れると、やっぱり一人旅も悪くないと思ったり。

つぅか、ここ歩いて向かう場所ではない。
乗せてもらって見た車窓の景色道程でそう思った…。
DSC01866.jpg
なんか敵とか出てきそうな雰囲気…

DSC01869.jpg
何はともあれ、人生初の砂むし温泉入るぞー!と
硫黄臭の漂う断崖階段を下り砂むし温泉施設へ。

指宿の砂むし温泉よりこちらの方が人が少ないらしいが、
連休のせいか山川の砂むしにもかなり人が詰め掛けていた。
受付で整理番号を配布されて40分くらい待ちようやく順番が。
更衣室で渡された浴衣(貸出)に着替え、
頭に巻くタオルを持ち砂むし浴場へ。
DSC01876.jpg
屋外で下着を着けず浴衣で待っているのも
何とも言えない感覚でしたが…。

入浴?スペースが出来たので、係員に呼ばれて
砂に足を取られつつ慎重にそこへ向かう。
万が一こけたりして浴衣はだけてポロリしたら事故じゃ!
などと思いつつ言われるままあおむけに寝転がる。

寝転がると、係員が慣れた手つきで砂をかける。
全身がすっかり砂に埋まると、体にずっっしりとした重圧を感じる。
・・・ゔぅ゙重゙っ(-◇-;)

ここではデジカメなど撮るものを持っていくとお願いすれば
係員が写真を撮ってくれます。
実際撮ってもらった写真を見てみると、
生き埋めにされてニヤけている不思議な図。
砂むし中
ゆうなれば、最終章のユッキ未来予想図状態

蒸されてみると暑くて我慢できないという事もなく、
じんわりと熱が伝わって来て気持ちイイ~♪
秋風がそよいで涼しいのと砂むしの暖かさが良!
海の傍なので波の音も聞こえてきてイイ感じ。

時間が経つに連れ、体全身が脈打つような感覚と
ジワジワと血液が全身をめぐる感覚がしてくる。

入浴時間は10~15分であまり入り過ぎると
低温やけどや脳血栓の危険があるとの事なので
15分でストップ。砂からは自力で出なくてはいけない模様。
砂が重く中々出らなくてしばらく一人もがいておりました…。

砂まみれのまま砂を落とす浴場へ向かい
砂まみれの浴衣を脱ぎ、洗い場で体の砂を流し
シャワーを浴び入浴して一通り終了。
ただ石鹸やシャンプーは使用禁止なので注意。


全身ほかほかのまま、続いて絶景露天風呂へ。
旅に出る前にたまたまTV番組で紹介しているのを見て、
これ行く方角やん!ここも行ったろ!!ともくろんでまして。
DSC01868.jpg
右下辺りに見えるのが@ヘルシーランド露天風呂

ここも砂むしから継続で来た人やらでかなり混雑していて
更衣室も洗い場も順番待ちをしながらという状態でしたが、
いざ露天へと向かう扉を開けるとそこは、
正面は海・右は開聞岳・左は竹山という絶景!
まさに露天風呂、視界開けまくり!!
*:.。デッケー(゚∀゚ ≡ ゚∀゚)ゼッケー.:*・゜

和風と洋風(和より狭い露天)の露天風呂を
偶数奇数日ごとに男女入れ替わり制で運営しているようで、
この日は残念ながら狭い方の洋風風呂だったものの
絶景には変わりなかったので大満足♪

帰路はタクって最寄の山川駅(日本最南端有人駅)まで行き
指宿へ戻り、駅前の足湯(ちょっと温度高め)に浸かりホテルへ。
ホテルももちろん温泉、露天風呂つき。温泉三昧♪

指宿~山川~長崎鼻の観光にはレンタカーを使うのが良いかと。
バスも悪くはないけど、本数も少ないし車無しで行きたい場所には不便。
さすがに知らない土地でハンドルを握る勇気はないけれども、
また来ることがあれば道路も広くてきれいな道が多かったので
レンタカー借りちゃうかもね!!



初日の観光と温泉三昧で失速した薩摩旅路二日目。

 指宿砂むし温泉 砂楽
  ↓
 指宿駅
  ↓
 鹿児島中央駅
  ↓
 天文館
  ↓
 仙巌園

遊びほうけて当初のGIGという本懐を忘れていないか?
という位の勢いでしたが…。

いいえ!忘れてなんておりません!!
気合いを入れに参戦前のひとっ風呂~♪
チェックアウトして再び砂むし温泉へGO!

山川でも砂むししたけど、指宿のも入っておきたいじゃない?
現地にいるんだしね!!ネー(○´∀`)(´∀`○)ネー
泊先から徒歩で5分程、指宿屈指の有名砂むし温泉所
“砂むし会館「砂楽」”へ。
DSC01887.jpg
開館の8時30分に入館したのに、既に人だかりが。
これも休日真っ只中だから仕方ないんでしょうが…。

山川と同じ手順で浴衣に着替えタオルを持って外の砂むし浴場へ。
人が多かった割に順番がさくさく回ってきてすぐに入り。
…で、ずっしり重たい砂をまとい15分。
もがきつつ起き上がり何故か前回より汗だくだく…。
DSC01882.jpg
山川とはまた違う雰囲気の砂むし場。

DSC01884.jpg
洗浄&消毒しているらしい。

指宿の砂むしも悪くないけど、最初に入った山川の砂むしのが
個人的にはオススメかも。(砂の質とかその他諸々)

駅に向かうバスの時間も迫っていたので、
急いで砂を洗い流し温泉に少々入り急いで退館。
「砂楽」は入浴施設としてシャンプーや石鹸は使用OKでした。

バスに無事間に合わせて、再び指宿駅へ。
この日は特急快速「なのはなDX」で鹿児島中央へ戻る予定でしたが、
駅には明らかにこれに乗る目的の乗客が殺到してました。
DSC01890.jpg
なのはな=房総のイメージがなぁ…

乗車券は買っておいたので、指定席が空いているのを確認し
追加で指定席券を購入。
荷物を気兼ねなく置いて座れたので我ながら良い判断だったかも。

さらば指宿!またいつか訪れる日まで!!



55分程で鹿児島中央駅に到着。 駅からは路面電車に乗って移動。
鹿児島の路面電車は温暖化対策の一環で線路に芝生を生やしてます。
広島の路面電車とは違った趣でいい感じ♪
DSC01942.jpg

DSC01940.jpg
夜になるとライトアップされてかなり綺麗

DSC01939.jpg
地球に優しい路面電車♪

GIG会場の場所をまず確認してからと、会場付近に予約しておいた
天文館(鹿児島中央の商店街や繁華街の通称地名)のホテルに
荷物だけ預けて会場の下見。

会場下見・確認して時間はお昼ご飯時。
安くて美味しい豚肉料理が食べられるとガイド本に書いてあった
某店を探すも見つからず。
1時間は探し回ったけど無いので鹿児島名物「黄熊」を食す。
NEC_0117.jpg
マンゴー風味。高さ約20センチ 。もう一人では食べない…。

カキ氷って限界近くなると眩暈してくるのね…意地で完食したけど。

あとはライブの時間まで天文館でショッピング、仙巌園へ観光に。

コニタンのCMを見てずっと勘違いしてたけど、天文館の黒豚横丁って
店がひしめき合ってる場所って訳じゃないらしい…。
DSC01934.jpg
(輝)この豚ケツ!!(明)ブッ、豚ケツ!?

DSC01933.jpg
西郷ドーン!!!!!

飲食店もかなり集中しているけれど、服屋や靴屋も点在していて
お買い物にもバッチリな場所でした、天文館☆

買い物で物欲を満たし、島津家の別邸「名勝 仙巌園」へ。
篤姫フィーバーの最中だったので仙巌園は観光客でいっぱいでした。
DSC01902.jpg

DSC01903.jpg
打てるなら打ちたいこのドス黒ウェポン

DSC01906.jpg

DSC01913.jpg

DSC01917.jpg
ベタですが、磯御殿の錦江湾と桜島が見える場所が一番オススメ。
(日によっては、桜島の降灰でモヤけて見えるのが残念)

DSC01919.jpg

DSC01927.jpg
これが人の手で彫られているという事実が凄い

DSC01928.jpg
篤姫 出演者のサイン。借りパクしてヤフオ(自粛)

観光バス(カゴシマシティービュー)が鹿児島市内、観光名所を
巡回しているものの観光客が多い時は普通バスを利用するのが得策。
観光バス、なんとか乗れたもののエラい目にあった…。

鹿児島中央方面に戻り、ライブ参戦。
ああ楽しかった♪

NEC_0118.jpg
本当に灰が降るんだなー、と街中で実感。

あとライブ後に泊先付近の美味しそうなラーメン屋に行ったら
モズマのサインが…!!即写メww
NEC_0119.jpg
鹿児島ラーメン

NEC_0120.jpg
デザートにサインg!!

翌日は駅併設のアミュでお土産と帰りの食料を調達して
鹿児島を後にしました。
帰りは つばめ⇒リレーつばめ⇒山陽新幹線のオール鉄道利用で。
夜行バスはやはり身体&精神的にもキツイ…でもまた使う可能性大ww

番外編:その他鹿児島フード
NEC_0106.jpg
紫いもソフト♪

NEC_0111.jpg
カツオ丼(山川~指宿~枕崎の名物だそう)

NEC_0115.jpg
名物さつまあげ!

NEC_0121.jpg
黒豚かつサンド&黒浪(焼酎は飲んでません、あしからず)


2泊4日の鹿児島旅、きつかったけど充実の内容で大満足!
霧島方面の観光はできなかったので、ここはまたの機会に。
次は…氣志團GIGの遠征で行くと思います。
(゜∀゜)アヒャ♪
スポンサーサイト



プロフィール

イモっこ

Author:イモっこ
ブログ絶賛放置中ですが
生きてる!なう!

某呟きの世界の方に
完全に移行しております…

カレンダー(月別)
11 ≪│2008/12│≫ 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
最近の記事
FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ